婚活パーティーNo.1のさわやかイケメンは、癖が凄い俺ルールの持ち主だった

書き込み

私は婚活中に、「俺ルール」の激しい方とお会いしたことがあります。

第一印象は、さわやかな男性。特に綺麗な二重が印象的な男性でした。

パーティーの中では女性人気No.1のイケメンだったのではないかと思います。(パーティーのイベントの中で、女性投票というものがあったので。)

その男性と見事にマッチングし、晴れて連絡先を交換することになったのですが、LINEで連絡を送りあっている時点から「ん?」思うことが多々ありました。

私はいつもの癖で、LINEを一つにまとめず小分けにして送っていたのですが、
「あのさ。通知がたくさん来るの嫌いなんだよね。一つにまとめてもらっていいかな。」

恐怖でしたね。

はじめまして、のあとが、まさかのお叱りコメント。

ただ、これから、という時に些細なことで何も始まらず終わるのは勿体無いなと思い、今回この出来事は、相手に気を遣えなかった自分のせいだと思い謝って、この場をおさめることにしました。

ここで、謝ってしまったのが悪かったんですかね。


そのあとも
「起きたら、まず連絡してくれるかな」
「通勤時間は俺に報告だよね?」
「帰ってきたら、ただいまの報告するのが当たり前だよね?」
しまいには
「今日飲み会だっけ?友達可愛い?俺も混ざりにいっていいかな?」

LINEだけでこの感じです。

ただ顔は本当に整っているので、友達にも相談していたし見てもらおうと思ってこの飲み会に誘うことにしたのです。
(パーティー後会うのは初。)


飲み会は、案の定最悪でした。

最初こそ爽やかな仮面を被っているので、みんな口々に「かっこいい!」と、騒いでいました。

挨拶も私の友人に礼儀正しくしていて、私も「会ってわかる、やっぱりこの人いい人」などと、自慢げに思ったりもしました。


しかし、サラダを取り分けようと友達がトングを持った途端、あぁ待って、と彼が店員を呼びつけ
「ねぇ。トング汚いんだけど、ちゃんと洗ってる?
このお皿も汚れついてるじゃん。俺たちを食中毒にしたいわけ?」
と、文句を言いはじめたのです。


しかも、店員から向き直って私たちに言い放った言葉が
「俺がみんなを守れてよかったよ。」
と、まさかの俺すごいアピール。

頼んでないし、むしろやめてほしかったです。

その後もお酒の味が変だ、とか卵焼きに殻が入ってる、など他にも、重箱の隅を突くような発言ばかり繰り広げておりました。

このお店を予約してくれた友達に、とても申し訳なかったです。


解散してから、彼とは全く連絡を取っておりません。
「君の友達みんな可愛いね。彼女たちから俺のLINE聞かれたら教えておいていいからね。」
という連絡を最後にブロックさせて頂きました。


337 123456 2018/07/27(月) 00:57 0 コメント 60 アクセス 0

コメント