イベントレポート:vol.01 “Supply store coff”

2015.07.24

文:coff編集部

写真:coff編集部

イベントレポート:vol.01 “Supply store coff”

6月27日、京都・四条にある雑貨ショップ「VOU/棒」にて、コーヒーのドリップイベント“Supply store coff”を行いました。一杯のコーヒーから広がる暮らしを見つめる「coff」ならではのアイデアを盛り込んだイベントの様子をお伝えします。

“Supply store coff” とは

“コーヒー体験を提供する場所”

“Supply store coff”のコンセプトは「コーヒーをもっと身近に感じてもらうこと」。私たちが選んだ美味しいコーヒー豆をサーブするだけでなく、「コーヒーは好きだけど自分では淹れたことがない」という人にドリップを体験してもらい、もっと多くの人に「コーヒーのある素敵な暮らし」をイメージしてもらうことを目的としています。

記念すべき第1回は、京都・四条にある雑貨ショップ「VOU/棒」さんとコラボレーション。おしゃれな空間をお借りしてイベントを行いました。

オーナーの川良さんは、独自の視点でユニークな作家さんの作品をセレクト。店内はまるで川良さんの秘密基地のようで、ワクワクする空間が広がっています。このお店を訪れるお客さんは、展示してある作品だけでなく川良さんの人柄に惹かれてやってくる人も多いように感じられました。

“Supply store coff” オープン!

“Supply store coff” オープン!

VOUは、京都ならではの町屋を改装して作られた雑貨店。エントランスにある看板に明かりが灯るとオープンの合図です。

店内には所狭しと様々なアーティストの雑貨が並びます。個性豊かな作品たちは見ているだけでも楽しくなります。

奥の畳スペースはギャラリー空間になっており、この日はアーティストのNISHI YUDAIさんによる巨大な作品が展示してありました。

オープンと同時にcoffのカウンターも設置完了。この日、はじめてコーヒーを淹れる方のために、ドリップの方法などはcoffの掲載記事を見ながらご説明しました。

【たとえばこんな記事】
お店のような美味しいコーヒーが飲みたい!自宅で始めるハンドドリップ

coffのスタッフ、ともえさんもオリジナルVOUキャップを被ってスタンバイ完了!アイスとホット用にエチオピアとペルーの豆をセレクト。さっそく一人目のお客さんが来店。月兎スリムポットでドリップします。

体験希望の方には、コーヒー豆をハンドミルで挽くところからドリップするところまで、しっかりサポートさせていただきました。「豆を挽くときの香ばしい香りがするんですね」「自分で淹れると美味しいですね」といった反応が多く、主催者としては嬉しいかぎりです。

オーナーの川良さんもアイスコーヒーを飲んでひと休み。美味しいコーヒーはみんなを笑顔にしてくれますね。

お客さんの中には豆を変えて飲み比べてみたりと、かなりドリップに興味を持っていただけたと思っています。「1杯のドリップで何グラム豆を使うんですか?」「豆の粗さでどんな違いがあるんですか?」「酸味のあるコーヒーが好きなんですけど、どんな豆がおすすめですか?」「最初はどんな道具を揃えればいいんですか?」などなど質問もたくさんいただきました。

まとめ

おかげさまで第1回は大成功。リアルな場所で、お客さんと直接コミュニケーションができたことは本当に良かったですね。“Supply store coff”は今後も定期的な開催を予定しています。「まだ自分でコーヒーを淹れたことがない」という方も、「もうドリップは一周した」という方も楽しめる企画を考えていますので、ぜひお楽しみに!

“Supply store coff”のイベント告知は、facebookで行っていきます。

VOU/棒 ショッププロフィール

独自の目線でセレクトしたアーティストの作品や器などを販売する雑貨店。定期的にギャラリーやイベントなども開催しています。
住所: 京都市下京区東洞院通四条下る元悪王子町47-12

VOU/棒 facebookページ

facebookでシェアする

Twitterでシェアする