フィルターに合った失敗しない淹れ方。ネルドリップでコーヒーを淹れよう!

おいしく淹れる

2015.05.05

フィルターに合った失敗しない淹れ方。ネルドリップでコーヒーを淹れよう! 出典:金澤屋珈琲店

一日の始まりに、丁寧に入れた美味しいコーヒーを飲むと素敵な気分になりますよね。たまにはネルでドリップして、普段よりも少しだけこだわったコーヒー時間を満喫してみませんか?

いざ、憧れのネルドリップ

作り方

作り方 出典:マイナビニュース

1. 抽出したコーヒーが冷めないよう、使用する器具にお湯を注ぎ、温めておく。コーヒーカップも同様。

出典:マイナビニュース

2. ネルにスプーン4杯分の挽いた豆を入れる。※通常よりも、1杯程度多めに入れるのが美味しく淹れるポイント(3人分=抽出量360ml):コーヒー豆(粉末) 専用スプーンすりきり4杯(40g)

出典:マイナビニュース

3. まずは少量の湯を注ぎ、蒸らす。

出典:マイナビニュース

4. 蒸らしたら、いよいよ本抽出。ゆっくりと「の」の字を書くように、湯を注いでいく。

出典:マイナビニュース

5. 湯を注ぎ続けていった状態。

出典:マイナビニュース

6. カップに入れていた湯を捨て、5のコーヒーを注ぐ

出典:マイナビニュース

7. ネルドリップコーヒーの完成

経験者ほど陥りやすい失敗とは

1つ目は蒸らし方です。コーヒー豆は、蒸らすことでエキス分を引き出しやすくなります。そのため、コーヒー抽出時には蒸らし作業が必要となるのですが、「ポトポトとネルからコーヒーが出てきてしまってはいけない」と思い、ほんの少量ずつ、水滴をたらすように湯を注ぐ方も多いと思います。しかし、これでは豆全体を十分に蒸らすことができません。まずは、豆にまんべんなく湯をいきわたらせることを目標としましょう。ネルの先から抽出液が落ち始めても、あまり気にしないことが大切です!

2つ目は本抽出の方法です。以外と思われるかもしれませんが、お湯を注ぐ時、素早く「の」を書こうと思ってはいけません。外側になるほどゆっくりと文字を書いていくのがポイントです。

まとめ

難しそうと思っている人が多いネルドリップ。方法をお分かりいただけたでしょうか?私自身も、休日は時間をかけ丁寧にネルドリップをする一人です。お店での深みや、コクが自宅で一番味わえるのはネルドリップだと感じています。ペーパードリップに飽きた方は一度トライしてみてはいかがでしょうか。

facebookでシェアする

Twitterでシェアする