スローな時間をテーマにしたコーヒーウェア「スローコーヒースタイル」

コーヒーの道具

2015.05.13

スローな時間をテーマにしたコーヒーウェア「スローコーヒースタイル」 出典:kinto.co.jp

デザインと機能を兼ね備えたキッチンウェアの企画販売を手掛けるKINTO(キントー)。「スローな時間」をテーマとしたコーヒーウェアSLOW COFFEE STYLE(スローコーヒースタイル)の中から魅力的なプロダクト達をご紹介します。

SLOW COFFEE STYLE スローコーヒースタイルとは?

SLOW COFFEE STYLE スローコーヒースタイルとは? 出典:freedesign.jp

休日にほっと一息つきたい時、ふと飲みたくなるコーヒー。コーヒーアロマを感じながら、愛情を込めてゆっくりと手で丁寧に淹れるハンドドリップに注目し、現代の暮らしや価値観に合うハンドドリップのためのコーヒーアイテムとして作られたのがKINTO(キントー)のSLOW COFFEE STYLE(スローコーヒースタイル)です。

出典:slowcoffee-style.com

ステンレス、陶器、ガラス、プラスチック樹脂など異素材ミックスのスタイルが見ていて楽しくなりますね。

出典:slowcoffee-style.com

ブリューワーは2cup用と4cup用があり、ホワイトとグレーから選べます。

出典:slowcoffee-style.com

やわらかなフォルムのコーヒーサーバー。ステンレスフィルター2cup用と4cup用から選べます。

出典:slowcoffee-style.com

有機的なフォルムのマグは400mlのたっぷりサイズ。同じシリーズのブリューワーを上に置いて、そのままドリップすることも可能です。

出典:japan-design.imazy.net

ドリップケトルはフタが本体についているタイプで落とす心配がなく、注ぎ口は細くてコーヒーのドリップに最適。容量は約900mlと、コーヒーのドリップケトルとして小さすぎず、大きすぎずのベストサイズです。

出典:slowcoffee-style.com

ホルダーはフィルター置きとして使用できるだけでなく、コーヒー豆を量る目盛りもついて一つで二役をこなす優れもの。

出典:slowcoffee-style.com

キャニスターはコーヒー豆に限らず、スパイスやハーブ入れとして使っても最適。インテリアとしても空間を素敵に演出してくれます。

まとめ

思わず自慢したくなるようなデザイン性の高さが魅力のKINTO(キントー)のSLOW COFFEE STYLE(スローコーヒースタイル)。忙しい日常から少し距離をおいて、スローという贅沢を味わう。 コーヒーの香りを部屋中に漂わせた心地よい空間で、より豊かで贅沢な時間を感じてみてはいかがでしょう。

facebookでシェアする

Twitterでシェアする