今さら聞けない!!サードウェーブって一体何だ?

コーヒーを学ぶ

2015.04.13

今さら聞けない!!サードウェーブって一体何だ? 出典:blog.baycrews.co.jp

「サードウェーブ」ってよく見かけたり、聞いたりしませんか?何となくなら、わかるけど。実際は良く知らないという方もいるはず。「サードウェーブ」がわかるとコーヒーがもっと楽しくなりますよ。

サードウェーブとは?

サードウェーブとは? 出典:the salon style journal

アメリカ西海岸が発祥で、一大発信地としてサンフランシスコが挙げられます。そう、最近日本に初上陸した話題の「ブルーボトルコーヒー」もサンフランシスコから始まったんですよ。大量消費、大量流通とは一線を画した小規模な焙煎所が生産者から直接、あるいはフェアトレードで豆を仕入れ、焙煎し、新鮮なうちに地元の人たちに提供する!というのが大鉄則。

出典:StockSnap.io

最大の特徴はなんと言っても「スペシャリティーコーヒー」と呼ばれる全体の流通量の5%しかない上質な豆の中でも産国、生産地、処理方法が明確になっていて、ブレンドされていないシングル豆(シングルオリジン)のみを使うことです。豆本来の味に大きく左右される「浅煎り」で個性的な味を楽しむのもポイントです。地域ごとに異なる風味や味わいをワインのように楽しむ!というのがサードウェーブなのです。

淹れ方にもこだわる

淹れ方にもこだわる 出典:ccolors.exblog.jp

豆本来の味を最大限に引き出すために抽出方法にもこだわるのがサードウェーブ。主流はなんといっても「ハンドドリップ」で淹れるコーヒー。豆によって淹れ方を変えて、ゆっくり丁寧に時間をかけて抽出するのがサードウェーブコーヒーなのです。

まとめ

最近は街のあちこちでロースターやコーヒースタンドが出来始めましたよね。豆の産地や、焙煎方法、抽出方法でがらりと味が変わる「シングルオリジン」自分好みの一杯に巡り合うために、週末にロースター巡りを楽しむのもいいですね。

facebookでシェアする

Twitterでシェアする