コーヒー消費量第一位は「フィンランド」だった。

コーヒーを学ぶ

2015.04.09

コーヒー消費量第一位は「フィンランド」だった。 出典:morguefile

フィンランドのライフスタイルにコーヒーは欠かせないんです。生活の中で、きちんと一休みして切り替えるというライフスタイルは見習いたいですね。

国民の約9割がコーヒー愛好家

国民の約9割がコーヒー愛好家 出典:flickr.com

フィンランドの人たちにとってコーヒーは欠かせません。一日にコーヒーを3~5杯も飲むんです!職場での休憩は「コーヒー休憩」と呼ばれ、コーヒーを飲むことがライフスタイルになっているんです。

目覚めの一杯、仕事の時にも一杯、休憩にもほっこり一杯、家に帰って夕食後に一杯。ゆったりと時間を楽しむライフスタイルの表れとも言えますね。

出典:週末北欧部

また、コーヒーのお供として親しまれているのは「シナモンロール」。映画「かもめ食堂」でもコーヒーとシナモンロールが登場しています。

出典:fukuya

さらに、フィンランドのカフェスタイルはセルフサービスが主流なんです。自分で食べたいものをトレーに入れて、自分でコーヒーを注ぐ。カフェ以外にもセルフサービスでコーヒーを楽しめるコーナーがお店に備えられたりしていて、その気軽さが消費を加速させているのかもしれませんね。

フィンランドで愛されるコーヒーは?

フィンランドで愛されるコーヒーは? 出典:good design market KOK

フィンランドでは浅煎りで酸味のあるコーヒーが好まれています。ペーパーフィルターのドリップが主流な淹れ方ですが、ハンドドリップで淹れるよりも、電気式のコーヒーメーカーで淹れるのが一般的。一日に何杯も飲むんだから納得ですね。

出典:ROBERT’S COFFEE

そんなフィンランドで最も愛されているコーヒーブランドはなんともかわいい。「ロバーツコーヒー」で、ムーミンの仲間達もパッケージになっています。

出典:scope

コーヒーを飲むマグカップもアラビアやイッタラが欠かせない。さすがフィンランド!日本では少し高価ですが、フィンランドでは大衆的なブランドなので、家庭やカフェで多く使われているんですよ。

まとめ

ロバーツコーヒーは日本でも買うことが出来るので、ぜひ一度飲んでみてはいかがでしょうか?ゆっくりとした時間を楽しむフィンランドのコーヒーがある暮らし、私たちも暮らしの参考にして、ゆっくりとコーヒーを楽しみたいですね。

ロバーツコーヒー

facebookでシェアする

Twitterでシェアする