お店のような美味しいコーヒーが飲みたい!自宅で始めるハンドドリップ

おいしく淹れる

2015.04.14

お店のような美味しいコーヒーが飲みたい!自宅で始めるハンドドリップ 出典:kinto-mag.com

自宅でお店のような美味しいコーヒーが飲めたら素敵だと思いませんか?

でも、どうやってコーヒーを始めたらいいの?どんな道具が必要なの?という方も多いと思います。そんな方のために自宅で簡単にハンドドリップを楽しむための基礎知識をご紹介します。

1 道具を揃える

1 道具を揃える 出典:japan-design.imazy.net

ドリップを始めるためにまずは道具を揃えましょう!各コーヒーショップなどで初心者向けにセットで販売なども行っています。自分に合ったお気に入りの道具を見つけましょう。

用意するもの

  • コーヒー豆(2人分)20gで240cc
  • ドリッパー
  • ペーパーフィルター
  • ケトル
  • サーバー
  • ミル
  • 90度のお湯
  • コーヒーカップ

2 豆を挽く

2 豆を挽く 出典:kaden.watch.impress.co.jp

まずは用意したコーヒー豆(2人分)20gをミルで挽きます。
グラニュー糖くらいのサイズになるよう中挽きにします。

3 ペーパーフィルターを折る

3 ペーパーフィルターを折る 出典:jo-shiki.com

ペーパーフィルターは端が互い違い(山折、谷折り)になるように折ります。その後ドリッパーにセットします。

4 ドリッパーにフィルターをセットする

4 ドリッパーにフィルターをセットする 出典:takakocoffee.ti-da.net

先ほど挽いた豆を入れます。豆はなるべく平らになるように軽く叩きながら入れます。

5 蒸らし

5 蒸らし 出典:baisenya-rikyuu.com

平らにしたコーヒー豆の中央に、なるべく細いお湯をゆっくりと注ぎます。

(この時のお湯の温度は85~90℃位にします。沸騰させたお湯を、まずサーバーに移し、その後ポットに移すとだいたい適温になります。)

ムース状の山が500円玉くらいの大きさになったらお湯を止め20秒程度蒸らします。この蒸らしの作業を行うことで豆の旨味を引き出すことができます。

6 ドリップ

6 ドリップ 出典:baisenya-rikyuu.com

蒸らしが終わったら、「の」の字を描くように少しずつお湯を足していきます。ムース状の山を壊さないように最初はゆっくりと、徐々にスピードを上げ、お湯を均一にして注ぎ続けます。

7 抽出

7 抽出 出典:baisenya-rikyuu.com

最初の一滴が落ちたら蒸らしは完了です。抽出量の半分(120cc)まできたら、スピードをあげてお湯を注ぎます。

予定の抽出量(240cc)に達したら、すぐにドリッパーを降ろします。(全て落としきると苦みやえぐみも一緒に抽出してしまいますので注意が必要です。)

サーバーを回し、コーヒーをよくかき混ぜます。

8 カップに注いで出来上がり

8 カップに注いで出来上がり 出典:baisenya-rikyuu.com

あとはカップに注いで出来上がりです。あらかじめカップを温めておくと注いだ時の温度変化が少なく、美味しいコーヒーが楽しめますよ。

また、ドリップに慣れるまでは抽出が濃すぎるなんてこともあるかもしれません。そんな時は温めたお湯でコーヒーを割ってもかまいません。自分の美味しいと思う味を見つけましょう。

参考動画はこちら

まとめ

美味しいコーヒーを入れるためには蒸らしや、豆を挽く時間の余裕が必要です。しかし、自分の手で丁寧に淹れたコーヒーを飲むと気持ちに余裕が生まれるものです。忙しい日々の中、少し時間を作って自宅での充実したコーヒーライフを始めてみませんか?

facebookでシェアする

Twitterでシェアする