秋の夜長にはコーヒーと音楽でゆったり過ごそう。コーヒーを飲みながら聞きたい音楽5選!

コーヒーのある暮らし

2015.10.05

秋の夜長にはコーヒーと音楽でゆったり過ごそう。コーヒーを飲みながら聞きたい音楽5選! 出典:flickr.com

少し肌寒くなってきて、暖かいコーヒーを片手に過ごしたい季節になりましたね。コーヒーのお供にもいろいろありますが、やっぱり外せないのは音楽ではないでしょうか?落ち着いてコーヒーを楽しむ時、流れている音楽はとても大事ですよね。今回は、今の季節のコーヒーにぴったりな音楽をご紹介します。

Astrud Gilberto/Wailing of the Willow

Astrud Gilberto(アストラッド・ジルベルト)はブラジル出身のボサノヴァ・ジャズシンガー。言わずと知れたボサノヴァの女王です。けだるい歌声がコーヒーにピッタリですよね。

Madeleine Peyroux/Smile

Madeleine Peyroux(マデリン・ペルー)はアメリカ出身のジャズシンガー。胸の奥にスッと入ってくるハスキーボイスが堪りませんよね。ちなみにこの「smile」という曲たくさんのアーティストにカバーされているので一度は聴いたことがある方多いのでは?

Chet Baker/Look for the silver lining

Chet Baker(チェット・べイカー)はアメリカ出身のジャズシンガー。男性ですがこの中性的な声素敵ですよね。ヴォーカルも素敵ですが、トランペットの腕前も超一流のジャズミュージシャンです。

Helen Merrill/Anything Goes

Helen Merrill(ヘレン・メリル)はアメリカ出身のジャズシンガー。ハスキーでありながらもチャーミングな歌声がCole Porterの名曲と絶妙に合う1曲です。

Stan Getz & João Gilberto/O Grande Amor

最後はStan Getz & João Gilberto(スタン・ゲッツ&ジョアン・ジルベルト)。Stan Getzのサックス、João Gilbertoのヴォーカル。ボサノヴァの中でも誰でも一度は耳にしたことのある有名な1曲です。

まとめ

いかがでしたか?やさしい音楽に包まれながら、ゆっくり楽しむコーヒーは至福の時間ですよね。まっすぐ家に帰ってゆったりと秋の夜を楽しんでみませんか?今回ご紹介した音楽は少し深入りのコーヒーと一緒にあなたの秋の夜長を素敵に演出してくれるはずですよ。

facebookでシェアする

Twitterでシェアする