コーヒー好きの憧れ!「みるっこ」と「ナイスカットミル」ってどこが違うの?

コーヒーの道具

2015.09.17

コーヒー好きの憧れ!「みるっこ」と「ナイスカットミル」ってどこが違うの? 出典:hummock.blogspot.jp

コーヒーが好きな人なら、一度は憧れる電動コーヒーミル。お店でバリスタが素早くコーヒー豆を挽く姿は素敵ですよね。今回は数ある電動コーヒーミルの中でも定番と言われる“ナイスカットミル”と“みるっこ”についてご紹介します。

でも、この2つは業務用なんじゃないの?

2種類とも本来は業務用ですが、性能はそのままに家庭用にサイズを小さくしたモデルが販売されています。おうちカフェの雰囲気が増すだけでなく、どちらも元が業務用なので性能ではひけをとりません。実際に店舗でも使っているところがあるほどなんですよ。

まずはデザインから比較してみましょう!

ナイスカットミル

ナイスカットミル 出典:rakuten.co.jp

こちらがナイスカットミル。Kalita製の電動ミルです。クールで大人っぽいデザインですね。カラーは赤、黒、シルバーの3色展開されています。ちなみにシルバーのみ付属する粉受けの形状が違います。

みるっこ

みるっこ 出典:富士珈機

正式名称はみるっこDX。富士珈機から販売されている電動ミルです。ナイスカットミルと比べると、ポップで可愛らしいデザインです。カラーは黄、黒、赤の3色が展開されています。

「カフェ・ヴィヴモン・ディモンシュ」オリジナルカラー

「カフェ・ヴィヴモン・ディモンシュ」オリジナルカラー 出典:cafe vivement dimanche

鎌倉の名店カフェ・ヴィヴモン・ディモンシュによるオリジナルカラーも。キッチンにすっと馴染む白色が素敵ですね。

性能の違いから比較してみましょう!

1番の違いは刃の形状

1番の違いは刃の形状 出典:BASE COFFEE

ナイスカットミルは名前の通りカット式です。カット式の特徴は引き終わったコーヒー豆の断面がとても綺麗なこと。ドリップの際旨味が抽出しやすくなります。しかし微粉の影響を受け易いという難点もあります。微粉を取り除いてあげるとより美味しいコーヒーが抽出しやすくなりますよ。

たったひと手間でこんなに変わる!微粉を取り除いてスッキリとしたコーヒーを淹れよう!はこちら

ナイスカットミルに対してみるっこはグラインド式です。カット式と比べると断面は少しすり潰されてしまいますが挽き目が均一で、むらなく挽くことができるのが特徴です。ゆっくり時間をかけてドリップするのに向いていますね。

ドリップによる味の違いを比較してみましょう!

ドリップによる味の違いを比較してみましょう! 出典:hummock.blogspot.jp

同じコーヒー豆を使った場合、ナイスカットミルで挽くと酸味や苦味といったコーヒー豆の旨味が強くハッキリとした味わいに。反対にみるっこで挽くと渋味が出にくく、やわらかな味に仕上がりやすいです。普段飲んでいるコーヒー豆の特徴に合わせて選びたいですね。

まとめ

どちらも家庭用のミルの中では最高クラスの性能を持っています。ゆっくり時間をかけて手動のミルで挽くのも素敵ですが、高性能な電動ミルも一度試してみてはいかがでしょうか。あなたのお家コーヒーがより楽しくなりますよ。

facebookでシェアする

Twitterでシェアする