美しくて機能的!デンマーク生まれのコーヒーウェアCafe Solo(カフェソロ)

コーヒーの道具

2015.08.27

美しくて機能的!デンマーク生まれのコーヒーウェアCafe Solo(カフェソロ) 出典:www.yatego.com(yatego)

デンマーク生まれのコーヒーメーカーCafe Solo(カフェソロ)って知っていますか?美しく機能的なデザイン。抽出方法もとっても簡単なので「美味しいコーヒーは飲みたいけど、時間がない」「仕事中にも美味しいコーヒーを飲みたい」という方にお勧めのコーヒーウェアです。今回はCafe Solo(カフェソロ)の魅力をご紹介します。

Cafe Solo(カフェソロ)ってなんだ?

Cafe Solo(カフェソロ)ってなんだ? 出典:ineedcoffee.com(I NEED COFFEE)

Cafe Soloはデンマークのeva solo(エバソロ)社がつくるコーヒーウェアです。他の道具や電気は一切使わず、Cafe Soloひとつあればコーヒーを楽しむことが出来ます。機能的なだけでなく、スモールとラージの2サイズが展開されています。スモールサイズは600ml、ラージサイズは1000mlまで一度に淹れることが出来ます。デザインユニット「tools」によるデザインも目を惹きますが、コーヒーの抽出方法もユニークで面白いコーヒーウェアです。

出典:www.coneco.net

独特のガラスのフォルムと、保温のために付属している専用スリーブが可愛いですね。

出典:auctions.yahoo.co.jp(ヤフオク)

ガラスの本体に専用フィルター、蓋、スティック、スリーブで1セットです。

出典:coffeekrave.com

カラフルなスリーブもおしゃれですね。コーヒーも暖かいまま冷めないのは嬉しいですよね。

Cafe Soloでコーヒーを淹れてみましょう

用意するもの

  • Cafe Solo
  • 粗挽きにしたコーヒー豆(スモールサイズ約30g、ラージサイズ約50g)
  • 沸騰させたお湯

なんとたったこれだけです。それでは実際に入れていきましょう。

1.コーヒー豆は粗挽きのものを用意します

1.コーヒー豆は粗挽きのものを用意します 出典:latte.la/column(Column Latte)

まずは、コーヒー豆を準備しましょう。(Cafe Soloでは粗挽き)の豆を使います。ミルをお持ちの方はザラメくらいの粗さを目安に、持ってない方は購入する際に粗挽きにしてもらってくださいね。一回につかう豆の量はスモールでは約30g、ラージでは約50gを用意してください。

本体に挽いた豆を入れ、お湯を注ぎます。

2.付属のスティックでかるく混ぜます

2.付属のスティックでかるく混ぜます 出典:dinos.co.jp(dinos)

付属のスティックでかるく混ぜます。

フィルターと蓋、専用スリーブをつけて4分ほど待ちます。

3.できあがり!!あとはコーヒーを楽しみましょう

3.できあがり!!あとはコーヒーを楽しみましょう 出典:firmagaver

参考動画はこちら

お気づきの方もいると思いますが、抽出方法は最後にプレスしないだけで、フレンチプレスとほとんど変わりません。Cafe Soloを使えばコーヒー豆の個性がはっきりと出ます。豆のストレートな味を感じてみてくださいね。

ちなみに…

ここで紹介した豆の量、お湯の量、抽出時間はあくまでも一例です。Cafe Soloはハンドドリップに比べて分量と時間さえ同じなら、味にブレ幅が出にくいです。豆の量とお湯の量、時間を調整して自分好みのスタイルを見つけてくださいね。

まとめ

いかがでしたか?キッチンでさっと準備して、あとはデスク置いておくのもよし、テラスで優雅にコーヒータイムを過ごすのもよし。様々な場面で活躍してくれるCafe soloであなたのコーヒータイムをもっと豊かにしてみませんか。

facebookでシェアする

Twitterでシェアする