コーヒー豆をもっと楽しみたい!自宅でブレンドに挑戦してみよう!

コーヒーのある暮らし

2015.08.20

コーヒー豆をもっと楽しみたい!自宅でブレンドに挑戦してみよう! 出典:best-wallpaper.net

美味しいコーヒーが好きならコーヒー豆にはこだわりたいところ!普段豆を買うお気に入りのショップが決まっている方も多いのではないでしょうか。でも、普段使っているコーヒー豆に少しの手間をかけるだけでもっとコーヒーが美味しくなったら素敵だと思いませんか?今回は自宅で楽しめるコーヒー豆のホームブレンドの方法をご紹介します。これを知ればコーヒーがもっと楽しくなりますよ!

ブレンドとは

ブレンドとは 出典:best-wallpaper.net

ブレンドとはいくつかの豆を混ぜ合わせて、シングルオリジンの豆とは違う味を作り出す方法です。以前「今さら聞けない!ブレンドとシングルオリジンの違いって?」で紹介しましたが、今回は手軽に自宅でブレンドを楽しむ方法をご紹介します。

今さら聞けない!ブレンドとシングルオリジンの違いって?はこちら

ベースとなる豆を選ぶ

ベースとなる豆を選ぶ 出典:stocksnap.io

ブレンドを始めるためにまずはベースとなる豆を選びます。初めての方はまず、お気に入りのシングルオリジンをベースとして使います。ブレンドの比率はベースのシングルオリジンを8割使用し、残りの2割の豆の違いでフレーバーの違いを感じてみてください!深煎りと浅煎りを組み合わせると、浅煎りの良さは消えてしまいやすいので、なるべく焙煎度合いが同じものを選ぶのがコツですよ。

ベースが決まったら、2割の豆をいろいろ変えることでブレンドを楽しんでみましょう!同じ種類の豆でも深煎り、中煎り、浅煎りでも印象が変わりますよ。ブラジル、インドネシア、グアテマラなど違う国の豆を試してみるのもいいかもしれません。

また、特徴の似たもの同士を合わせてしまうと、ブレンドによる味の変化がわかりづらいので、酸味・苦味・甘みなど特徴の異なる豆を使用してくださいね。

ブレンド時のポイント

ブレンド時のポイント 出典:freedesign.jp

ブレンドの作業は単純なものですが、豆の量をきっちりと図ることがポイントです。普段ドリップの際に使用しているスケールなど使用しましょう!この時に、粗挽きと細挽きなど引き具合にバラつきがあると抽出が均一に出来ないので必ず豆の状態で混ぜ合わせてから、まとめて挽くようにするのがポイントです。

ブレンドに少し慣れてきたらベースの豆をハウスブレンドからブラジルやコロンビアの豆に変えてみましょう。ブラジルの豆は癖が少ないのでブレンドのベース豆に使いやすいですよ。また、ブレンドの比率も8:2から6:4に変えていってみるなど、まずは気軽な気分で楽しんでブレンドしてくださいね!

まとめ

いかがでしたか?きっちりと豆の分量さえ計れば自宅でも手軽にブレンドが楽しめますね。煎りの違い、フレーバーの変化などメモしておくのもいいかもしれません。あなただけのオリジナルブレンドを作ってみてくださいね!

facebookでシェアする

Twitterでシェアする