フィルターに合った失敗しない淹れ方。カリタウェーブでコーヒーを淹れよう!

おいしく淹れる

2015.08.01

フィルターに合った失敗しない淹れ方。カリタウェーブでコーヒーを淹れよう! 出典:parkingmag.jp

他のどのドリッパーとも似ていない、独特の可愛らしい形をしたカリタのウェーブシリーズ。特徴はその名の通りウェーブ型のウェーブフィルターをセットして使う点にあります。カリタウェーブを使えばドリップの味が安定するため、世界のドリップコンテストでも使用するバリスタが多いんですよ。今回はこのカリタウェーブドリッパーを使って、美味しくドリップする方法をご紹介します。

カリタウェーブってなんだ?

カリタウェーブってなんだ? 出典:beans.setagaya-1.info

カリタウェーブドリッパーの特徴は何と言っても波打ったフィルター。このフィルターがドリップの際にでる雑味を吸着してくれます。このフィルターは底が平らになっており、注ぐお湯が多少ブレてもしっかりと粉全体に馴染んでくれる特徴があります。また、カリタウェーブドリッパーにもカリタの特徴である3つの穴があいており、長時間お湯が溜まりにくいため雑味が少なく、美味しいドリップを可能にしてくれるんですね。

それではさっそくカリタウェーブでドリップしてみましょう!

1コーヒー粉のセット

1コーヒー粉のセット 出典:sushimagazine.main.jp

まずは専用のペーパーフィルターをセットします。セットが完了したらペーパーを温めたお湯でぬらします。※ぬらすことで紙の臭いを取り除き、ドリップの一投目をペーパーが吸収しないようにさせることができます。

湯通しをしてサーバーにたまったお湯は捨てましょう。

コーヒー粉をセットしたら軽くたたいて平らにしましょう。1人分180mlの抽出に対して豆の量は15gを目安にしてください。

2 蒸らし

2 蒸らし 出典:sushimagazine.main.jp

まずは最初のお湯をゆっくりと注ぎます。お湯が全体に行き渡るよう注ぎます。その後30秒蒸らしましょう。

3 お湯を注ぐ

3 お湯を注ぐ 出典:sushimagazine.main.jp

蒸らしが終わったら一気にお湯を注いでいきます。のの字を描きながら全体にお湯を注ぎます。

出典:sushimagazine.main.jp

抽出量までお湯を注いでいきます。3分程度で淹れ終わるようにしましょう。

出典:parkingmag.jp

抽出量に達したら、ドリッパーにお湯が残っていても素早くフィルターを外しましょう。サーバー内のコーヒーを少しかき混ぜてカップに注いだら完成です!

参考動画はこちら

まとめ

いかがでしたか?カリタウェーブドリッパーはその独特な形状によって抽出の際の味ムラが少なく毎回安定した抽出を可能にしてくれます。これからドリップを初めてみたい、円錐型のドリッパーでは味が安定しないという方にお勧めのドリッパーですね。抽出の際にしっかりと蒸らしを行うポイントを忘れずに、カリタウェーブで美味しいコーヒーを淹れてみてくださいね!

facebookでシェアする

Twitterでシェアする