スペシャリティコーヒーの評価基準!?コーヒーの酸味を楽しもう!

コーヒーを学ぶ

2015.07.30

スペシャリティコーヒーの評価基準!?コーヒーの酸味を楽しもう! 出典:roastery.starbucks.com

海外から有名コーヒーショップの相次ぐ日本出店や国内のロースターが増えたことで、コーヒー豆の流通の2~3%しかないといわれるスペシャリティコーヒーも私たちにとって身近なものになりました。でも実は高品質な豆から抽出されたコーヒーはこれまで私たちが知っていたコーヒーの味とはずいぶん違います。初めて飲んでみたスペシャリティコーヒーで「何でこんなに酸っぱいの?」って思ったことありませんか?今回はコーヒーの酸味の正体について解説します。

酸味の評価が美味しさを決める!?

酸味の評価が美味しさを決める!? 出典:trendy.nikkeibp.co.jp

サードウェーブコーヒーと呼ばれるコーヒーの新トレンドが現れた2000年以降から世界のコーヒー事情はいかに「酸味」を評価するかという点に機軸が移ってきています。これまではコーヒーで「酸味」が話題になる際にはほとんどがネガティブな意味のものでした。特に喫茶店文化に馴染のある私たち日本人は「酸っぱい=まずいコーヒー」「苦い=うまいコーヒー」といったイメージがついています。新発売の缶コーヒーのキャッチコピーに「炭火焼き」なんてついているとついつい美味しそうとイメージしてしまうものですよね。

90年代後半にコーヒーの国際品評会として作られた『カップオブエクセレンス』においても評価フォームの一つに「酸味」の評価が入っています。つまりこの頃から美味しいコーヒーには酸味は欠くことのできない要素になっていったわけです。

カップオブエクセレンスに関する記事はこちら

コーヒーの酸味の正体とは

コーヒーの酸味の正体とは 出典:roastery.starbucks.com

コーヒーの酸味は、生豆の品種と焙煎の度合いによって決まります。酸味を感じる成分はコーヒー豆に含まれる抗酸化作用のある成分の一つ「クロロゲン酸類」の味によるものです。「クロロゲン酸類」の成分は焙煎度いが浅いと強く出て、深いと弱まります。つまり焙煎が進んで中煎りから中深煎り、深煎りと進むにつれ酸味は弱くなっていくのです。一般的にシングルオリジンなどの浅煎りの豆が酸味を伴うのは「クロロゲン酸類」が強く表れているからなんですね。

そもそもコーヒー豆とは「果実の実」である

そもそもコーヒー豆とは「果実の実」である 出典:dededede951.blog.fc2.com

よくロースターで浅煎りコーヒー豆の事を尋ねると「フルーティな酸味が楽しめます」なんて言われることがありますよね。それもそのはず、コーヒー豆は本来コーヒーチェリーと呼ばれる「果実の実」なのです。コーヒー豆の酸味を果実に例えて表現されるのは豆の風味を最大限に引き出した結果の表現であり、ロースターの焙煎への自信の表れなのかもしれませんね。

出典:merrytime.tokyo

まとめ

喫茶店の味を知る私たち日本人にはコーヒーの酸味が苦手な方も多いはず。でも、酸味もコーヒーの美味しさの一つと感じることができればもっと楽しみが広がりますよね。深煎りのコーヒーは飲み過ぎるとちょっと胃がモタれるなんてことも。。。たまには思考を変えて、浅煎りのコーヒーのフルーティな酸味を楽しんでみませんか?特にこれからの蒸し暑い季節には酸味のあるサッパリとしたコーヒーがおすすめですよ!

facebookでシェアする

Twitterでシェアする