アイスコーヒーの豆知識!水出しコーヒーと急冷式の違いを知っていますか?

コーヒーを学ぶ

2015.06.08

アイスコーヒーの豆知識!水出しコーヒーと急冷式の違いを知っていますか? 出典:facebook.com(switchcoffeetokyo)

蒸し暑いこの季節、美味しいアイスコーヒーを淹れて心も体もスッキリしたいですよね!家庭でも作れるアイスコーヒーには、時間をかけて水でじっくりと抽出する「水出しコーヒー」と、通常のドリップを氷で一気に冷やす「急冷式」があります。この2つの抽出の違いを知って、あなた好みのアイスコーヒーを作ってみてくださいね。

水出しコーヒー

水出しコーヒー 出典:kinto-mag.com

水出しコーヒーはその名の通り、水を使い数時間かけてコーヒーを抽出する方法です。お湯に比べ水はコーヒーの成分を溶解するのに時間がかかりますが、その分酸化が少なく、まろやかな味わいのコーヒーが楽しめます。

水出しコーヒーのメリット

水出しコーヒーのメリットは急冷式に比べて酸化が少ない点にあります。一度温まったコーヒーは酸化が進みやすく、これを冷ますと風味や香り、味も損なわれてしまいます。その点、低温で抽出する水出しコーヒーは一度作ってしまえば、スッキリとしたまろやかな味わいの美味しいコーヒーが長時間楽しめますよ。

水出しコーヒーのデメリット

デメリットはやはり抽出時間の長さです。また、水出しコーヒー専用の抽出器具も必要になります。数時間かけて抽出するため、美味しいコーヒーができあがるまで辛抱が必要ですが、前日の夜寝る前に仕込むなどしておくといいかもしれませんね。

以前紹介した水出しコーヒーの淹れ方はこちら

急冷式コーヒー

急冷式コーヒー 出典:facebook.com(aboutlifecoffee)

急冷式は、いつものようにお湯でドリップしたコーヒーを、氷で一気に冷やしてアイスコーヒーを淹れる方法です。短時間でアイスコーヒーが作れて、手軽に本格アイスコーヒーを楽しむことができますよ。

急冷式のメリット

急冷式コーヒーのメリットは何といってもその手軽さです。いつものドリップの道具に氷さえ用意すればお手軽にアイスコーヒーが楽しめます。また、抽出に時間がかからないので色々な豆を試しやすいのも特徴です。

急冷式のデメリット

急冷式は短時間で抽出するため、水出しコーヒーと比べて酸化しやすいデメリットがあります。急冷式で淹れたアイスコーヒーは抽出後なるべく早くコーヒーが美味しいうちに飲んでしまいましょう!

以前紹介した急冷式アイスコーヒーの淹れ方はこちら

まとめ

蒸し暑いこの季節、家庭でも美味しいアイスコーヒーを楽しみたいですよね。いつもの道具で手軽にアイスコーヒーを楽しみたい方は「急冷式」を、じっくりと抽出する本格アイスコーヒーを楽しみたい方には「水出しコーヒー」がおすすめです。それぞれの抽出の違いを知って、あなた好みのアイスコーヒーを淹れてみてくださいね。

facebookでシェアする

Twitterでシェアする